ホームシアターはこれがおすすめ

ホームシアターを作ろう

大型液晶テレビが安くなり、気軽にホームシアターを作れるようになりましたね。
我が家も大型液晶テレビが安く買えたので52インチの液晶テレビにしました。

 

WOWOWを契約したので、テレビのスピーカーの音では寂しいのでホームシアターを作ろうと思います。
まず、ホームシアターを作るには、AVアンプとスピーカー、それとウーハーが必要です。
最近は、BOSEやパイオニアでホームシアターでセットで売っているものをいろいろな種類が増えました。
価格も以前に比べるとずいぶんと安くなりました。

 

BOSEのホームシアターは、視聴ブースで体験するとすごくよく思いますが、
セットで一体型のホームシアターは音のまとまりはありませんが、
原音とは違った音になると思います。

 

ただ手軽にホームシアターを楽しめるので簡単に設置したい人にはおすすめです。

 

少しでも本格的に楽しみたい、音楽もついでに楽しみたい人は、
単品で揃えていくことをおすすめします。
今のAVアンプは設置も簡単でガイダンスがTV画面ででて操作もテレビ画面でできますから簡単です。

 

私がいいと思ったAVアンプは、マランツのNR1604です。
このメリットはテレビボードにスッキリ収まる薄型設計であることです。
マランツAVアンプ
ホームシアターって単品でも、セットでもとにかくスペースをとります。
本格的なホームシアターを作れる人はいいですが、普通はできるだけ省スペースでホームシアターを作りたいものです。
うちなんかそんなに広くないですから、大型AVアンプをテレビの横に置くスペースなんかありません。

 

ホームシアター
だからこそテレビボートの中にスッキリ納まるサイズのAVアンプを探していました。
そしたらサイズがピッタリのマランツNR1604を見つけました。
サイズはW440×H105×D367 mmです。
この高さのAVアンプってなかなかないと思いますよ。
さらにマランツNR1604は、VGP2014 AVアンプ部門金賞を受賞していました。
プロも認めるAVアンプでコンパクトでTVボードに収まるタイプ。
まさに家庭で作るホームシアターのAVアンプとしては理想です。

 

AVアンプで作るホームシアターの魅力は、好きなスピーカーを選べるということです。
スピーカーによって音は変わります。

 

スピーカー選びも楽しめるのでAVアンプで作るホームシアター作りは楽しいと思います。
また、ウーハーも迫力あるホームシアター作りには欠かせないものです。

 

このウーハーも単品で探すとすごい迫力のウーハーを付け加えることができます。
もちろんスペースの関係もありますから、なんでもいいというわけではありませんね。
省スペースの薄型のものから様々ありますから、リビングのスペースにあわせて選びます。
ウーハーはソファの下に後ろから低温がでるように設置しました。
ウーハー

 

 

AVアンプだと最大7.1chまで拡張できます。でも最初は2.1chからなど徐々に増やしていくこともできますので
あとあとの楽しみにもなります。

新型登場!

MARANTZ AVサラウンドレシーバー 7.1ch Wi-Fi/Bluetoothワイヤレス対応 スリムデザイン ブラック NR-1605/FB

 

 

 

 

また、セット販売のホームシアターも昔に比べると接続が簡単でコンパクトなものが増えました。
最近だと、BOSEのホームシアターが人気なようですね。

 

コンパクトなものから、大迫力なものまで様々なものがでています。
お手軽な1.1chから主流の5.1chと幅広い品ぞろえがありますね。
一番高いもので38万円、お手頃なもので11万円。
予算とスペースによってどれを選ぶか決めることになると思います。

 

BOSEって見た目カッコいいのですが、オーディオマニアの間ではアンチの人多いですよね。
BOSEって確かにいい音だと思います。でもマニアから言わせるとより自然な音ではなく、BOSEによって聞きやすく作られた音になってると言われたりします。
BOSEは省スペースでいい音を出すものを作っています。その考え方の違いでマニアの方は好きでない人が多いのかもしれませんね。
でもコンパクトなのにいい音のBOSEはいいスピーカーを作っていると思います。

 

1.1chホームシアター プレゼントキャンペーン